日焼け止めクリームの成分

紫外線散乱剤と紫外線吸収剤という2種類の成分により、日焼け止めクリームは生成されています。

日焼け止めクリームの成分である紫外線散乱剤の効果は紫外線から肌を守ることです。
紫外線散乱剤が肌を覆い、紫外線を反射することで肌を日焼けから防ぐのです。

紫外線から肌を守る役目をする紫外線散乱剤は紫外線吸収剤に比べて肌への負担が少ないのも特徴です。
紫外線吸収剤の量が少なめになっている日焼け止めクリームの場合、紫外線カットの力は弱いでしょう。

主として紫外線から肌を守る紫外線散乱剤の働きに頼っているということでしょう。

紫外線吸収剤とは読んで字のごとく紫外線を吸収する効果があります。
それから紫外線が肌へ浸透するのを防ぐために、紫外線を熱エネルギーに変えるという働きもします。

しかしこの紫外線吸収剤は、紫外線を吸収することで酸化するため、日焼け止めクリームの肌にかかる負担が高くなってしまうのです。

ですからあまり頻繁に使っていると、肌の健康が損なわれるという難点を持っているのです。
紫外線をカットする効果の高い日焼け止めクリームは日焼けに対して非常に有効です。

しかし肌が受ける影響を考えると、使いすぎは要注意です。

★そこでお肌に日焼け止めをを紹介します。

Follow me!