日焼け止めクリームの成分

紫外線散乱剤と紫外線吸収剤という2種類の成分により、日焼け止めクリームは生成されています。

日焼け止めクリームの成分である紫外線散乱剤の効果は紫外線から肌を守ることです。
紫外線散乱剤が肌を覆い、紫外線を反射することで肌を日焼けから防ぐのです。

紫外線から肌を守る役目をする紫外線散乱剤は紫外線吸収剤に比べて肌への負担が少ないのも特徴です。
紫外線吸収剤の量が少なめになっている日焼け止めクリームの場合、紫外線カットの力は弱いでしょう。

主として紫外線から肌を守る紫外線散乱剤の働きに頼っているということでしょう。

紫外線吸収剤とは読んで字のごとく紫外線を吸収する効果があります。
それから紫外線が肌へ浸透するのを防ぐために、紫外線を熱エネルギーに変えるという働きもします。

しかしこの紫外線吸収剤は、紫外線を吸収することで酸化するため、日焼け止めクリームの肌にかかる負担が高くなってしまうのです。

ですからあまり頻繁に使っていると、肌の健康が損なわれるという難点を持っているのです。
紫外線をカットする効果の高い日焼け止めクリームは日焼けに対して非常に有効です。

しかし肌が受ける影響を考えると、使いすぎは要注意です。

★そこでお肌に日焼け止めをを紹介します。

日焼けと皮膚の関係

日焼けから来るイメージは人により様々だと思いますが、人の皮膚にはよくないことも少なからずあります。
昔のイメージでは日焼けをしている肌は健康的な肌で良いイメージとされていましたが今は違います。

日焼けによる体へのダメージがクローズアッされており、日焼けによって白内障の原因になる場合もあるようです。紫外線が皮膚に入り込むと、皮膚からはメラニン色素が生まれ出され、皮膚にそのまま侵入させまいとするために起こる現象が、日焼けなのです。日焼けのせいでしみやしわができると、それは老化につながってしまうので、女性も20代をこれば気をつけなければなりません。
日焼けをしてしまう状況の中でもただひとついいことは、太陽の光の影響です。
人の体が太陽の光を浴びると、体内ではビタミンDが作られるため、体が元気になっていいといわれるのです。
紫外線を長年にわたって浴び続ければ慢性障害として光老化が起こります。これは歳をとった後で現れてくる現象で、しわや色素斑しみ、そして皮膚の良性腫瘍、悪性腫瘍などです。

紫外線のせいで皮膚の免疫反応が鈍くなるということも、最近の調べでわかっています。
皮膚の弱い人の中では普通の人では何ら問題ない程度の日光でも色々な皮膚障害症状が出る光線過敏症も紫外線で起こることが多いようです。このように日焼けには悪い影響を及ぼされるものもあるので、健康になれるくらいの日の浴び方がちょうどいいのでしょう。

日焼けの原因と対策

日焼けの原因は紫外線ですが、紫外線は日焼けを作る一部分でしかありません。

皮膚に紫外線が当たることで、皮膚の基底層にあるメラニン細胞が刺激されると、メラニン色素が生まれて日焼けが起きてしまうというしくみなのです。
メラニン色素とは、日焼けだけでなくしみやそばかすも発生させるのです。紫外線の種類には代表的なものに2つありUVBとUVAと呼ばれています。UVBは、皮膚に赤い日焼けをさせ、UVAは皮膚に黒い日焼けをさせます。

紫外線は普通の生活の中で日焼けをする原因を作っているといえます。この紫外線から肌を保護するために、外へ出るときは日焼け止めのクリームなどを忘れないようにしましょう。日焼け止めクリームを塗るときに肌が白っぽくなってしまうのを気にして、薄く塗る人が多いようです。しかし薄く塗りすぎるとどうしてもはげやすくなり、他の化粧と一緒に落ちたり、汗をふいたときなどに完全になくなってしまうこともあります。
こんな塗り方では日焼け止めという効果は発揮できません。日焼けをしないためなのですから、やはりクリームはしっかり塗り、さらに2,3時間おきに塗りなおすようにすれば、日焼けを防止するのに効果は絶大です。
外出先でもすぐぬれるように、日焼け止めクリームはいつも携帯するようにしましょう♪

敏感肌の基礎化粧品

敏感肌の人は、直接肌につける化粧品には特に反応するものです。
化粧品には石油成分が含まれていることがありますが、その場合敏感肌の人は肌が反応し、肌が赤くなったりかぶれることがあります。

基礎化粧品の成分に添加物が含まれていない無添加の基礎化粧品が色々出ていますので、敏感肌の人はそれらを探してみましょう。

自然の天然成分で作られた基礎化粧品は、肌を優しく包んでくれるのでおすすめです。外部からの刺激が強かったために敏感肌になるわけではなく、何らかの理由で抵抗力や免疫力の低下によって敏感肌になるようです。

敏感肌を根本から治すためには、やはり体質改善や体そのものの強化などが必要となることが考えられます。

ただ、体質の改善とはすぐにできることではなく、じっくり時間をかけてやるものです。敏感肌の人は、せめて外部からの刺激をやわらかくするためにも、敏感肌用の無添加の基礎化粧品を使用しましょう。

自分が敏感肌であることを、特に認識していない人も少なくないようです。敏感肌だと感じていない人でも、アレルギーが慢性化している、乾燥肌になりがち、かぶれることがよくある、化粧水をつけた直後に肌が赤くなる、などの症状がある人は、敏感肌の可能性があります。敏感肌の症状があるようなら、無添加の基礎化粧品を使うようにしましょう。お肌の調子もきっと良くなると思います!

基礎化粧品の役目

基礎化粧品は様々な原料のものが販売されており、手作りの基礎化粧品も存在します。
基礎化粧品の役目をきちんと理解している方は少ないかも知れません。
洗顔料やメイク落としなどの肌の汚れを落とすものや、化粧水や乳液や乳液なども基礎化粧品です。
肌の性質によって、それぞれ使うべき基礎化粧品は違います。これらの基礎化粧品をひととおり買いそろえようとすると、思ったよりも高い買い物になります。
かなりの種類があるからです。

顔のスキンケアで一番大切なことは、肌の潤いを保ち清潔にすることです。基礎化粧品を揃える時は、そのことを念頭に置いて一つずつ揃えていきましょう。

基礎化粧品は、成分はほぼ同じで形だけが違う場合もあります。液体タイプやクリームタイプであることには差異がないかもしれません。

スキンケアに重要なことは肌質に合う適切な基礎化粧品を選んで使うことであり、たくさん使用すれば肌に良いかというとそうではありません。

自分の肌に合った基礎化粧品を選びのためには、宣伝文句やイメージに惑わされないようにしましょう。
基礎化粧品を買う際には、自分の肌に必要な成分は何なのか意識して選びましょう。基礎化粧品の力を利用して、肌本来の持つ機能を正常に働かせて、健康で美しい肌を維持回復させましょう。今後ずっと潤いのある肌にしつつけるためにも、十分なお手入れをしましょう♪

目の下たるみマッサージ

目の下のたるみを解消するために、目元をマッサージすると、代謝が高まって効果があります。
マッサージを行うと、目の下のたるみの予防になるだけでなく、皮下脂肪がつきにくくなるのです。
強くしすぎず、適度な力でするマッサージは、血行もよくなり、新陳代謝をよくするので効果的です。
肌もターンオーバーが正しくなり、たるみの元である皮下脂肪もつかないようになります。
マッサージは指の腹で、こめかみから目の下へ軽く押すようにして行いましょう。
目の下のマッサージをしたら、次は目の上に持っていってまたこめかみに戻り、そこを押すようにすると、血流もよくなります。
また、目をぎゅっとつぶったりぱっと開いたりを繰り返すだけでも、マッサージの効果があって、目の周りの筋肉を鍛えることになります。表情筋という顔の筋肉を鍛えるために、顔を中心に寄せるようにして5つ数え、その後外側に力を入れて開くようにする方法があります。
目元に力を入れたり、眉を上げてみたり、というような普段使わない筋肉に力を入れることも、目の下のたるみ解消に役立ちます。しかし皮膚が薄い人は、そのせいでちりめんじわを作る元になるので、事前に保湿をしっかりするといいでしょう。化粧水などで肌を整えるとき、目のまわりを軽くタッピングすると、血行がよくなって効果的です。とてもデリケートな目の下は、強くこすったりするような扱いは控えなければなりません。

目の下たるみの原因

目の下にたるみを作ってしまう要因は、老化のほかにもあります。
目の下のたるみの中身は実は脂肪で、目の周囲の筋肉の力が落ちてくると肌の弾力性も低下し、目の下の脂肪を支えられなくなって垂れ下がります。
血行不良やリンパ循環の低下により、余分な水分や脂肪を排出できずに皮下組織の脂肪細胞が増加するので目の下のたるみの原因になります。
生まれ持った体質により、目の下の脂肪も多い人、少ない人がありますが、もともと目の下の脂肪が多ければ、たるみやくまもできやすくなります。
目の下に脂肪が多いと皮膚の色素沈着が濃く見えて、目の下のくまの原因になります。
もともと目が大きい人や頬骨がはっている人などは、目の下にたるみができるようです。
筋肉の衰えには日常生活にも要因があります。パチンコを長時間するとか、パソコンをずっと見る生活などをしていると、瞬きが減って目のまわりの筋肉は弱まります。
油分を多く使った化粧品を使いすぎると、目の下のたるみが起きることもあります。
よく基礎化粧品に使われている油性成分や界面活性剤が肌の弾力繊維を壊すことで、目の下のたるみへつながっていたりします。紫外線は、皮膚の真皮層にあるコラーゲンやエラスチンの弾力を失わせます。
それで長時間紫外線の元にいたりすると、皮膚は弾力性を失い、目の下のたるみができやすくなるのです。

基礎化粧品とは

日々のメイクをする前に、誰でも必ず使っているだろうものが基礎化粧品です。
潤いのある健康な肌を維持するためにも、基礎化粧品は欠かせません。
肌はとてもデリケートな部分であるにもかかわらず、日中は外気の紫外線や乾いた空気にさらされ、また排気ガスや空気中の微粒子を直接受けるとてもハードな環境にあります。
衣類で保護されている体と異なり、顔の皮膚はいつも空気にされされ、外の刺激を受けるに任せています。基礎化粧品は肌をケアして肌に水分を与え、ハリのある健康な状態を作るものです。
他の化粧品はそれらを保護するものです。
細胞分裂によって産まれた皮膚は肌表面の角質層に達するまでにゆっくりと押し上げられ、2週間かかってゆっくりと肌の一番外側に出てきます。角質層に達した皮膚は、約15日ほどその場に留まり肌を守ります。
垢は、古くなった皮膚が役目を終えて剥離したものです。
皮膚が垢となってはがれ落ちる頃には、すぐ下層に次の皮膚が待機しています。角質は垢になる直前の状態です。
このサイクルを維持することが肌の調子を維持することに繋がります。
皮膚として表面に出る頃には、細胞分裂によって新しい皮膚の準備が終わっていなければなりません。
美しい肌でいるためには基礎化粧品を中心としたお手入れで、健康な肌を作り上げることが必要になります。
健康な肌、美しい肌は、もちろん体の内面からと、基礎化粧品を上手に使うことが大切なポイントです♪